体の健康と歯の健康

tooth

高齢化社会での歯科の役割は重要

日本では世界中で一番くらいに高齢化の速度が速くなっています。健康で長生きするためには歯が重要な役割を果たします。したがって歯科医師の役割も同様に重要です。最近の子供たちは小さい頃に歯をフッ素加工して虫歯予防をしていますが、現在高齢を迎えている人たちはそのようなことは行っておりませんので、虫歯を経験している人が多くなっています。また、最近は歯周病や歯槽膿漏で悩んでいる人の数も増加しています。年齢が高くなるにつれて定期的に歯科医師の診察を受ける必要があります。定期的に歯科医の診察を受けることによって歯にたまった歯石を取ることが出来るので、結果として歯周病や歯槽膿漏の予防をすることが出来るからです。

予約は早めに入れる必要がある

歯科医の診療時間は一般の他の医師の診療時間に比べて長い時間が必要です。一人一人の治療にかかる時間が長いので、ほとんどの歯科医院で予約制度を導入しています。予約が採用されていなかった当時は歯科医院に行くのは一日仕事となっており、文庫本一冊読めるというくらい待たされることもありました。現在は予約制度が導入されているのでほとんど待たずに治療を受けることが出来ます。しかしながら最初に予約する時には予約が取りにくくなっています。継続して予約を受けている患者が優先されているので予約をする場合には予め余裕を持って予約をする必要があります。定期的に歯石を取ることが歯周病や歯槽膿漏にならないための最低限の手当てですから、健康で長生きするためには必須です。