義歯を使用した治療

dental treatment

治療費用の傾向について

インプラント治療は歯科における義歯の一種です。従来の入れ歯やブリッジとは異なり、安定感があることや噛み合わせの不具合が少ないといったメリットが注目を集めています。このインプラント治療を検討する方の多くがまず費用が気になることでしょう。 インプラントは健康保険の適用範囲外となるため、治療費は全額自己負担となります。歯科医院によっても治療費に差があるため、一概には言えませんが、平均すると35〜45万円が相場価格といわれています。一方で、近年では治療を行う歯科医院が増えたことなどが影響し、治療費用は下落傾向にあります。中には1本数万円での治療を行うクリニックもありますが、利用する際は医師の腕や保障など総合的な判断が必要です。

日本での治療の歴史について

インプラント治療は近年話題にのぼることが増えてきましたが、実は非常に古くからある治療法です。もっとも古いものでは、ローマの遺跡からもその治療痕が発掘されたといわれています。 現在の治療法が研究され始めたのは1960年代のことで、1950年代に骨と結着する性質を持つ金属が発見されたことがきっかけです。その後、1980年代にようやく世界的にも研究成果が認められるようになり、日本にもインプラント治療がやってくることになります。当時、日本でも最初のインプラント手術が行われていますが、実際に治療法として広く普及したのはここ数年での出来事です。最近では街中の歯科医院でもインプラントを採用している歯科医院が増えたため、やっと気軽に利用することができるようになりました。